研究支援人材とは

研究支援人材とは

従来からあるURAの組織構成は、研究資金を獲得するまでの活動を担うプレアワードと研究資金を獲得した後に支援するポストアワードに分離した形が一般的です。両者の業務は互いに密接な関係があり、それぞれ業務内容に関する知識やスキルが必要です。
 一方、研究支援や産学連携活動は工学系にとどまらず医学系や農学系、融合領域にまで多様化が進んでおり、支援する研究分野に応じた知識やスキルが求められます。

Image画像

本コンソーシアムで育成を目指する研究支援人材とは、企画立案、立ち上げから成果の創出まで一気通貫した業務が遂行でき、各段階の知識やスキルを保有する、研究者を支援する人材です。

製造業に例えると、単一の工程しか関与できない「単能工」よりも、1人で複数の異なる作業や工程を遂行する技能を身につけた「多能工」は、多品種少量生産や品種・数量の変動に対応し柔軟な生産体制の維持や、生産性の向上に効率良く寄与することができます。研究プロジェクトの企画立案から成果の創出の各プロセスに寄与する研究支援人材についても、同様に「多能工化」による効率性の向上が期待できます。

即ち、本コンソーシアム事業では、”研究支援”における様々なステージや研究分野における個々の専門となる業務を深耕するような人材育成のプログラムを提供していくだけでなく、その周辺のリテラシーや研究分野に関する知識も涵養し、複数の研究分野に精通したいわゆる「多能工型」人材の養成 を、大学での実務を通したOJTを含めておこなうことを目的としています。

Image画像

よって「多能工型」研究支援人材を育成することで、研究活動の活性化とイノベーション創出に寄与でき、本研究支援人材育成コンソーシアムの活動を通して、研究支援人材のキャリアパスの構築と流動性の拡大と共に社会に大きく貢献していきます。

高度な知識や実行能力を兼ね備えた「多能工型」研究支援人材を目標に学内の研究活動の活性化とイノベーション創出を図る
ページ上部へ