コンソーシアム事業の概要

コンソーシアム代表挨拶

研究支援者のあるべき姿を目指して
科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業
地域特性を活用した 『多能工型』 研究支援人材養成拠点
コンソーシアム運営協議会 主査
群馬大学理事・副学長

峯岸 敬

本コンソーシアムは、2014年度に文部科学省の科学技術人材育成費補助事業として採択された「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」である(地域特性を活用した「多能工型」研究支援人材養成拠点)を担う組織で、群馬大学、宇都宮大学、茨城大学と埼玉大学が連携大学として参加しています。この4大学はそれぞれ特色と強みが異なる理系学部を有しており、以前から首都圏北部4大学連合事業(4u)を形成して、多彩な産学官連携活動を行ってきました。更に、大学間連携による研究プロジェクトを数多く展開してきました。今回、これまでの活動に加えて、高度な研究支援人材の養成を目指した取り組みが開始されたことは大変意義深く思います。

全ての大学が研究支援や産学官連携に関われる人材を多数配置することは、人的資源の問題など困難です。このため、本コンソーシアム事業では、研究プロジェクトの企画立案、立ち上げから成果の創出までかかわれる研究支援者の養成を目的としています。これまで、座学講座では、研究に関するコンプライアンスとして、利益相反、研究者倫理、輸出管理また遺伝資源の取り扱いなどリスクマネジメントの知識の修得を促進し、研究者に対する認識を高める効果を期待しています。

一方、科学技術イノベーションの推進に向けた大学の産学連携システムの改革が求められており、今回のコンソーシアム事業は、このようなシステム改革の一環として位置づけられています。研究支援人材のキャリアアップを図り流動性を高めつつ安定的な雇用を確保し、多様な場で活躍する人材を育成するためのシステム作りの取り組みです。

2019年度より、群馬大学、宇都宮大学、茨城大学を事業実施大学としつつも、本コンソーシアム事業が実施する教育プログラム等へ研究支援人材を派遣する大学等より会費をいただきながら運営しています。会員(大学等)のニーズ、教育プログラムの受講者からのアンケートをもとにフィードバックすることでプログラムを進化させてまいります。この結果、各大学において共通性の高く活躍できる研究支援人材を育成することが可能となり、本事業が継続的に発展することで研究支援人材の供給拠点となることができると思います。皆様の御支援と御協力をお願いいたします。

ページ上部へ